info

SIXTHSENSE RIOT 誤植のお詫びと差し替えについて

「SIXTHSENSE RIOT」の帯および背表紙箇所につきまして、タイトルの誤植がございました。

誤:「SIXSENTH RIOT」
正:「SIXTHSENSE RIOT」

お買い上げいただきました皆様には、深くお詫び申し上げます。

製品は順次差し替えを行って参りますが、すでにお手元にCDをお持ちの方については、以下にて正しい帯およびバックインレイをご送付させていただきます。
お手数ではございますが、

toriena.webshop@gmail.comに、タイトルを「アルバム帯差し替え」として
*住所
*お名前
*購入した商品の写真
*複数購入した場合は枚数
を記載の上ご連絡くださいませ。
(通常の問い合わせメールとは異なりますのでご注意ください)

正しい表記の印刷が完了次第、順次郵送させていただきます。
この度はお騒がせいたしまして、誠に申し訳ございません。今後とも、よろしくお願いいたします。

TORIENAマネジメントチーム/渋都市株式会社

info

TORIENA「SIXTHSENSE RIOT Release Party」続報!タイムテーブル&新作グッズ

>リリースパーティーの詳細はこちらをご覧ください。

いよいよ10/20(土)に迫ったリリースパーティー!タイムテーブルとリリパからの新作グッズをご紹介します。

・注目は新作Chiptune EP「AID KIT EP」!全書き下ろしの4曲入りです。TORIENAのチップチューンサウンドをがっつり聴きたいという方、ぜひお買い求めください!
・アルバム収録曲「GIRLS DO NOT DRESS FOR BOYS」の元となった落書きの写真をあしらった限定Tシャツ。TORIENAグッズには珍しいロングスリーブです。数量限定ですので、ぜひ会場でゲットしてください!
・人気のホログラムステッカーは、「AID KIT EP」から「#ca4d86」。カラーコードで色の名前は「アザリア」。TORIENA書き下ろしイラストになります。
・シリーズ化の予感がするリボンバンドは、付けやすいミサンガタイプ!体力とESPメーターと♫パワーがあしらわれています。リバーシブル感も可愛いです。

グッズは数量限定、再販しないものや通販のないものもございますので、お早めにゲットしてくださいね!
皆様のお越しを、会場でお待ちしております!

▼チケットのご予約はこちらから
http://eplus.jp/sys/T1U14P0010843P006001P002273641P0030001

info

Steinberg「Cubaseユーザーインタビュー」に取り上げていただきました

音楽制作ソフト、Steinbergの「Cubaseユーザーインタビュー」にTORIENAを取り上げていただきました。
10/17発売の「SIXTHSENSE RIOT」についてもお話ししています。ぜひご覧ください!

▼インタビュー記事はこちらから
https://japan.steinberg.net/jp/artists/steinberg_stories/toriena.html

info

TORIENA New Album「SIXTHSENSE RIOT」販売&各店舗特典情報!

2018年10月17日(水)、TORIENAによる3年ぶりのフルアルバム「SIXTHSENSE RIOT」がリリースされます。
初の全国流通となる本作の、販売内容詳細および各店舗での特典情報をお知らせいたします。

「SIXTHSENSE RIOT」
定価 : ¥2,315 + 税
発売元 : MADMILKY RECORDS
販売元 : stereo Co., Ltd.
Ⓟ&Ⓒ2018 MADMILKY RECORDS / SHIBUCITY inc. Made in Japan / MMLK-0001

▼タワーレコード
予約ページ: https://tower.jp/item/4795481/SIXTHSENSE-RIOT
購入特典: TORIENA書き下ろしのアナザージャケット(※渋谷・新宿店限定)

※特典は渋谷・新宿店舗での購入のみが対象となります。特典希望の方は店舗にてお求めください。

▼ヴィレッジヴァンガード
予約ページ: https://vvstore.jp/i/vv_000000000170805/
通常特典:ジャケットロゴステッカー

 

 

ヴィレッジヴァンガード限定Tシャツセット:ロゴTシャツ+アルバム 5000円(税込)

 

 

※Tシャツセットは以下の店舗+オンライン限定で発売予定です。
・渋谷本店
・下北沢店
・新宿ルミネ店
・横浜WP店
・レイクタウンKAZE
・名古屋中央店
・アメリカ村店
・京都新京極店
・オンライン
※Tシャツセットには、通常特典のステッカーは付きません。ご了承ください。

▼Amazon
予約ページ: http://amzn.asia/d/2wOwjAg
購入特典:各タイトルロゴステッカー

その他、各音楽配信サイトでのリリースを予定しております。
▼iTunes
https://itunes.apple.com/jp/album/sixthsense-riot/1437974621

販売に関するお問い合わせは各店舗、またはContactフォームよりお願いいたします。

info

連載掲載:サウンド&レコーディング・マガジン 2018年10月号

サウンド&レコーディング・マガジン 2018年10月号より、TORIENAの連載「TORIENAが使うCubase Pro9.5」が掲載されます。実際にTORIENAが使用している音楽製作ソフト「Cubase」について、使用感やポイントなどをお話しさせていただいております。ぜひお手にとってご覧ください。

サウンド&レコーディング・マガジン 2018年10月号
仕様 B5変形判 / 260ページ
発売日 2018.08.25
詳細:https://www.rittor-music.co.jp/magazine/detail/3118121005/

info

2018.07.13 関西テレビ「新感覚音楽情報番組 ミュージャック」

7/13(金)深夜2時〜2時半に放送される、関西テレビ「新感覚音楽情報番組 ミュージャック」にて、「TALK×TALK×TALK」コーナーにTORIENAが出演させていただきます。
MCの高橋みなみさん、ゲストのましのみさんとともにお話させていただいております。是非ご覧ください!

info

Sound & Recording Magazine 2018年8月号

Sound & Recording Magazine 2018年8月号に、TORIENAのマイクレビュー・インタビューが掲載されております。貴重な自宅の録音環境での撮影でした。ぜひお手に取ってご覧ください。

2018/06/25発売
価格:900円(税込)
リットーミュージック

info

エイプリールフールでヤナミュー x TORIENA x IKEUCHI Productsがタッグを組んだ!?

先日4月1日深夜、グランジ/オルタナティブサウンドを武器にした4人組アイドル・ヤなことそっとミュート(通称・ヤナミュー)が、「チップチューンアイドルとして活動していく」グループコンセプトの方向転換を発表……とはいえ、もちろんこれはエイプリールフール企画。TORIENAも今回の発表にあたって、「HOLY GRAiL」の楽曲リミックスで参加させていただきました。

今回の為にリアレンジされた楽曲やビジュアルは、今後グッズにして発売予定とのことなので、ぜひご注目ください!ヤナミューさんは、5月に全国ツアー「puddle tour」を発表しているので、そちらも要チェックです。

info

NHK国際放送の「J-MELO」 < J-Music Now>に出演いたします

TORIENAが、NHK国際放送の「J-MELO」 < J-Music Now>に出演いたします。国内からもBSプレミアムおよび、ライブストリーミングやアプリでチェックできますので、ぜひ視聴してくださいね。

▼放送時間
国際放送(NHK WORLD) 2018年1/8(月)0:10、6:10、12:30、18:30(すべて日本時間)
国内放送(BSプレミアム) 1/13(土)5:30   ※早朝

※国内でもNHKワールドの英語サイトでのライブストリーミングで見ることができます。
http://www3.nhk.or.jp/nhkworld/index.html

※またアプリをDLすればスマホでも視聴できます。
http://www.nhk.or.jp/j-melo/nhkworld/index.html

info

フリーマガジン「音楽主義」にTORIENAのインタビューが掲載されました

一般社団法人 日本音楽制作者連盟発行のフリーマガジン「音楽主義」にTORIENAのインタビューが掲載されました。Webサイトからもご覧いただけますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

▼インタビュー「アートワークまでセルフプロデュース TORIENA」
http://www.ongakusyugi.net/interview/publicEntrySP.php?article_id=201711002717f100b

▼「音楽主義」とは
『音楽主義』は音楽を作る人(アーティスト)、作る人のパートナー(プロダクションなど)のための1冊です。音楽を“創る”方々の権利を守り、かつ一般のみなさんにもどんどんその世界に入ってきていただきたい、というのがこの本の一番のネライです。